2014年12月14日

リモコン修理

※ネットって便利です( ^ ^ )/□
image.jpg
≪効きの悪くなったボタンは、掃除すれば、、≫

・基本、リモコンは分解修理する設計では無い。
・分解する時に、本体が割れる可能性がある。
・分解した場合、保証が効かなくなる。
・代替リモコンは、新品で売っている場合が。

、、、、らしいですが、分解修理してみました。


続き

image.jpg
ネジが5箇所有りましたが、本体はツメで止まっておらず
バラスのは、とても簡単でした。

よく使うボタンの接点が汚れていたので、ディグリーザーで
掃除。ボタン側も同じく掃除して、外装も細かい凹み部分を
綺麗に(^o^)/

全体の接点を掃除した後、本体組み込みする前にボタンの効き
具合を点検し、ネジ止め〜完成

ネットでは自己責任の上で作業する事をオススメしてますが、
最初の分解工程が出来れば、後は掃除しゴミを取り、接点を
復活させるのは簡単。組み込みは部品さえ無くさなければ、
いたって簡単なので、、、、、。

いやぁーーーリモコンが復活して良かった(^o^)/
posted by ゆう太 at 00:00| Comment(0) | ネット | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。