2014年03月10日

難関モンテ・ゾンコラン(アルプス山系の山。標高1750m)

Selle San Marco - Zoncolan Racing Saddle with Xsilite Rails
o01140310.JPG
山岳ステージを征する為に!!!

ではないですが、標高1750mのゾンコラン(山or峠)は

ジロ・デ・イタリアでは欠かせない地名と成ってます。

サドルを変更したのねっ。


続き、、、

o08140310.JPG

o04140310.JPGo05140310.JPG


o06140310.JPGo07140310.JPG



o02140310.JPGo03140310.JPG


と、言う訳で、、ミニベロから使っていた、サンマルコ
リーベルTiから、同じくサンマルコのゾンコランへと変更
しました。一番の違いは、座面の柔らかさでしょうねっ。
リーベルTiはメッチャメッチャ固かったので、どのサドル
でも柔らかいと感じる事が出来るのでしょうけけど、、、。
はたして長距離では、どのように効果が表れるでしょうか?

ゾンコランは、割合フラットなサドルと言われてますが、
写真で比べると、リーベルTiの方が断然フラットで、かつ
広い感じがしますねっ。

リベールTiは、後ろが上がってるので、サドル後方にお尻を
もって行くと、サドル高も急に上がったかのような感覚が
有りましたが、コチラゾンコランでは大して感じませんでした。

ノーズが長いと表記されてるゾンコランですが、写真で比べる
後ろが長かったと言う感じですか?切り替え部分から下がってる
設計なので、大した違いでもなさそうですねっ。

あとは、実走&調整してインプレしてみたいと思います。
posted by ゆう太 at 15:05| Comment(0) | グッズ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。