2013年11月28日

Patagonia R2 2008


o11131128.JPG
↑クリックで全体画像!!!


モフモフのスタートは、ココだった。


<<Patagonia R2 Jacket>>
 R2ーミッドウェイト・インサレーション
 通気性と保温性を備えた、長短のパイルから
 なる軽量なインサレーション=345g

続き

o03131128.JPGo02131128.JPG


o04131128.JPG
又もやレディース、それもS。
でも、肌着着て、Yシャツ着て
その上からでも、着用可!!!


o05131128.JPG
2008~2010年モデルの一番の
特徴は、袖口のデザインだろう。
大概、R4の様に、ゴム口が多い。


o07131128.JPG
袖口には、ワッフル構造のR1素材が、
可愛い。襟はR2素材+R1素材の、2重
構造と成っている。


o10131128.JPGo09131128.JPG


o06131128.JPG
3箇所のポケットは、ジッパが接着接合
となり、ポケットの中の生地はメッシュ
状で、開放すると非常に涼しい


o08131128.JPG
R2素材=ポーラテックサーマルプロ
実は、この網網の生地が肝な訳。
風通りが抜群!!!!


~R2素材~
・7,4オンス・ポーラテックサーマルプロ
・ポリエステル100%

~R1素材~
・6,5オンス・ポーラテックパワードライ
・ポリエステル93%
・スパンテックス7%

~ジッパー~
・サプレックスの縁取り
・接着式

<<パタゴニアのレギュレータR2と言うジャケット>>
R1 R2 R3 R4と4種類からなる、パタゴニアのレギュレタージャケット。
今回のR2ですが、これは簡単に言えば、中間着用との事。だから防風性は
殆ど有りません。
※スリムフィット

、、じゃぁ?寒いの???


いえいえ、冬はアウターを着れば全て解決です。R2は、ロフトの高い
フリースと相まって、暖かさも格別です。暑くなりすぎて汗ばんで
きたなぁ~って思った時は、アウターのジッパを開ければ、即座に
冷却&乾燥。体に良い環境を与える事が出来ます。

憧れのレギュレーターR2、個人的すぎますが、この年代の物が一番
造りも凝っていて、かつデザインも可愛いと思っています。当時の
定価が23,100円だったらしく、今現在のR2よりも高い設定と成って
いた所からも、頷けますねっ。

粗海外メーカーのフリースは、Polartecが使われてますねっ。日本製
よりも値段が高い設定なのは、商標権なのかも知れませんwww。
posted by ゆう太 at 00:33| Comment(4) | グッズ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
投票ありがとうございました~!

で、
ファッションは、経費で落とそう~!

ほな。

Posted by にせ坊主 at 2013年12月05日 14:35
にせ坊主さん、コメントありがとうございます(^-^)/

めっちゃお勧めしますわぁヾ(@⌒ー⌒@)ノ
Posted by ゆう太 at 2013年12月06日 11:03
もふもふは正義www
Posted by fukubay at 2013年12月08日 21:26
fukubayさん、コメントありがとうございます(^O^)/

さじ加減が、最高なフリースジャケットです(^O^)
Posted by ゆう太 at 2013年12月08日 23:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。