2013年04月02日

OOO-45ECクロスロードブラジリアン

一体何種類のECシグネチャモデルが

image.jpg
全米中12本限定、海外では6本限定となる「OOO-45EC. クロスロードブラジリアン
ローズウッドエディション」

これでエリクラモデルは、全部で何種類なのだろう?

そんな事はどうでもいいのだが、、


高い!!

僕の住んでいる地域大阪では、一時期の様にハイプライスなアコギが、店頭に並んでる
所は無い。有名メーカーのシグネチャーやカスタムモデルなど、博物館かと思わせる
ぐらい並べていたお店も、今では閉店したので、よけいに眼を楽しませてくれるお店は
激減傾向にある。

楽曲的に、アコギインストなども流行ってないので尚更なのかもしれないが、まだ
エレキギターの方が並んでいる。ウクレレコーナーもいつの間にか無くなってたりで、
久しぶりに楽器屋さんに脚を運んでも面白くない状況である。

そう言えば、ギターを担いで闊歩している人も、しばしお目にかかっていないなぁ。
、、、、、。


〜そう言えば、、、〜
☆君、何聴いてる~?と聞けば

「ジェフベック、、、」と!!!

ジェフベック、、渋いっすねっ!と問いただせば。

「デフテック」との事。

自分の耳まで腐って来ぁがった。

posted by ゆう太 at 14:09| Comment(2) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私がよく行く石〇楽器も、昔に比べると随分と店舗面積が狭くなり、品揃えも悪くなりました。十数年前、HD-28を買ったときもD-45を買ったときも、何本か弾いていちばん気に入ったのを選んだのですが、いまはD-45なんて1本しか置いていませんし・・・。
うちの近所にあったヴィンテージ専門店はいつの間にかなくなってしまったし、やはり、景気はまだまだ、特にギターのようなものは売れないのでしょうかね。
それにしてもクラプトンモデル、多すぎ!
昔出ていた000-42ECB(当時200万くらい)だけで良かったのに、と思います。
Posted by enagaパパ at 2013年04月02日 16:42
enagaパパさん>コメント有難うございます。

42ECBのヘッドのインレイは、相当カッコ良かったですねっ。

そうなのですか、、、パパさんのお住まいの地域でも、
似たりよったりなのですねっ。
Posted by ゆう太 at 2013年04月02日 17:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。