2013年02月25日

Eddie Bouer EST1920

エディバウアーフリース MADE IN VIETNAM(多分2000年頃製かなぁ?)

o04130225.JPG
↑クリックで全体図


南の古着屋さんにて、1990円の50%offでしたぁ。

現在のエディバウアーは2009年に倒産したのち、営業はしてますが人気の方は、、微妙、、

このタイプのフリースジャケットだと、多分定価で7900円、、、、、、


程度が良ければ、お買い得ですねっ。


コンディション

タグが切り取られてるのが残念ですが、アウトレット品などには良くある事なので、
まぁ、、、気に、、する、、、、、、、995円やしなぁ(^^;;


o02130225.JPG
古着のフリースって、殆どのジッパが
よれて歪んでるのですが、、これは
綺麗に真っ直ぐ!!!&、ジッパを
閉めると、綺麗に前立てが綴じます。

o03130225.JPG
袖口のこのタイプの生地、、、
直ぐに毛玉が出来るんですが、
これには、、、っうか
新品?綺麗ですねっ。
、、若干裾の一部にヨレ?

o05130225.JPGo06130225.JPG
そそ、、、ポケットの裏地、、、ここも直ぐに毛玉が出来ますょねっ。醜くなると
擦り切れたりするのが一番早いのが、この辺りです。

o04130225.JPGo07130225.JPG

※襟表は、Eddie Bouerの刺繍ですねっ。裏はタグになってますが、、、この辺りに
一番使用感がでまくるのですが、いやぁ~綺麗っす。変色も毛玉も無いですねぇ~。
・肘の辺りの生地も、全く持って新品ではないか?と見間違う程のコンデションでした。
 一寸着たら、直ぐに凸凹なってきますょねっ!普通は。

~全体図~
結構厚手のフリース地で出来てますが、デザインはレディスの様に細身です(♀か?)。
もともとエディバウアーはアメリカのブランドなので、大きめデザインだからだと思うの
ですが、男の僕の体形には、ピッタリでした。、いやいや、、、同行した次男坊が欲しが
ってる位ですから、チョッピリ古いタイプのフリースジャケットとは言え、なかなかのモノ
でしょう。若干縫製が荒い(年式が古い為)ですが、縫い目がシームレスの為、合わさった
布が当たって、肌が痛いとか言う事は皆無のようです。腕部分は棒みたいですが、胴は若干
立体裁断されてるようです。

ドローコードが無いので、胴回りや裾を絞ったりは出来ませんが、その分早く乾くデザ
インのようですねっ。洗濯→脱水すれば90%は乾いてました。その後部屋に放置していた
ら、一時間程で乾燥(夜ですが、、)していました。

もしかしたら、、、、袖口を伸びる素材の布でまつってるのですが、すぼまって無い
感じがしますので、ここでチェック!!!正規品から外された、、、倉庫行き、、
、、、、だったのかな?余りにも使用感無さ過ぎだし、古着臭も無い、、、しぃなぁ。

お題には2000年頃製って記しましたが、もう少し新しい製品なのかもしれませんねっ。

、、、一体このフリース、倉庫の番でもしてたのかなぁ?
posted by ゆう太 at 22:40| Comment(0) | グッズ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。